老人ホームの暮らしは快適?

投稿者: | 2018年11月29日

老人ホームの暮らしは快適なの?トラブルなどはないの?と私の両親も最初入居前にいろいろ心配していました。

確かに今までは普通に夫婦で暮らしていたのに全く知らない他人といきなり生活するなんてなんだか嫌という人も多いと思います。

しかし実際私の両親も入居してからはかなり快適な暮らしをしてるようです。

老人ホームの楽しみ

やはり老人ホームの入居者の一番の楽しみは食事です。

特にうちの両親の場合、貧困時代が長く、食事関しては人よりもやや欲張りな感じがあり、いいものを食べたいという意識が強いんです。

そんな両親が一番楽しみにしてるのが食事であり、両親が入居する施設ではたまに食事のグレードを別料金支払うことで上げられるんです。

例えば数百円払うことでご飯をお寿司にできるとか、お肉をステーキにできるとかいろいろバラエティーに富んでるんです。

こういうサービスがある有料老人ホームはやはり入居者のことをしっかり考えていますよね。

有料老人ホームって特別養護老人ホームよりも食事のグレードは高いことが多いのでこういう意味でも入ってよかったと思います。

イベントが豊富

スタッフも入居者もみんな一緒になっていろいろなイベントで楽しんでいます。

認知症防止の意味もありこれは両親も楽しみにしています。

ほかの入居者と仲良くなるきっかけでもあるのでこういうイベントがある施設を選んでよかったと思います。

家事や健康管理の心配がいらない

これも結構自分たちでやるとなると大変なことなんです。

健康管理って自分たちでなかなかやらないし、自宅にいると雑になってしまいます。

ちょっとした変化っていくら夫婦でもわからないことが多いのでそういうことを第三者にちゃんと診断したりチェックしてもらえるのってやっぱりいいなって思います。

ちなみに老人ホームって温度が一定に保たれているからそういう意味でも健康なんですよね。

高齢者の方って温度の変化に弱いですからね。

バリアフリーが充実

老人ホームなので当たり前のことなんですが、自宅には手すりがなかったり、階段の上り下りがきつかったり膝をいためたりいろいろありましたが、こういったバリアフリーがちゃんと老人ホームってあるのでやはり快適だそうです。

むしろあのまま自宅にいたら・・・と考えるとたまに怖くなってしまいます。

自宅を改装しようとか考えていたのですが、予算的にもういっそのこと老人ホームに入居しようってなったんですよね。

本人たちも最初は反対していたんですが、結局は「入ってよかった」と言っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です